スタッフミーティングの話題

by Super User

私たちINEXS大阪で国際、異文化、語学交流のスタッフは毎月一回の割合で国際交流活動に関するミーティングを行い、イベントについての反省・今後の方向性、インターナショナルイベント運営の在り方、スケジュールなどについて議論します。

今回の発音の席で韓国が大好きな日本人の女の子のスタッフなのですが、「外国人を助けるイベントやってみてはどうか?」という提案がありました。その子は韓国にワーキングホリデーに行った際に病気にかかってしまい、病院で医者に診てもらう時が一番苦労したらしく、そのことで在日外国人対して何か親切で、「おもてなしのコミュニケーション」人助けのできるイベントの企画提案をしてくれました。

もともとスタッフはボランティア精神にあふれ、人を助けたい、人の役に立ちたいと思っている人らが多くいますので、例えば心斎橋や道頓堀、戎橋界隈で「DO YOU NEED HELP?」というボードをっ持って迷っている外国人観光客に案内をする提案・議論がありました。海外を拠点に活動をしているボランティア団体とのコラボレーション企画も現在進行中です。もう間もなく正式にイベント告知ができそうです。来年の1月にはこのままいくと月4回の割でイベントをすることになりそう。

☑ 1.母体は大阪市の認可を受けた公的法人
INEXS大阪で国際、異文化、語学交流の母体は「NPO法人インターナショナルフレンドシップクラブ」です。 「大阪市内に在住の外国人・日本人の青少年の健全な国際交流」を設立趣旨として、2015年12月に正式に大阪市の認可を受けた公的な法人団体が運営しておりますので、特定非営利活動促進法、第二章 特定非営利活動法人に基づき「宗教」・「政治」・「ネットワークビジネス」・「反社会的勢力」(暴力団)とは全くの無関係な法人です。