短期留学で実感できた良い点

by Super User

 

海外留学中に友達とつながりを保つ方法5つ

「留学すると日本にいる友達と疎遠になってしまうかも......」 どんなに遠く離れても、連絡を取って友情を保ち続けることは大切です。

1.話す時間をつくる

友情を保つには、話す時間をつくることが何よりも大事。できれば留学前、まだ日本にいるうちに二人で相談して、Skypeなどで話す時間をあらかた決めておくと良いでしょう。もちろん、家族の緊急事態や大事な締め切りなど、他に優先すべきことが出てくる時もあるので、大体の曜日と時間帯を決めておくくらいがベスト。

2.特別な日を覚えておく

海外留学中に、友だちの誕生日や結婚・交際記念日などにちょっとしたサプライズを送るのも◎。たとえ友だちの特別な瞬間にその場にいられなかったとしても、バースデーカードを送ったり、インターネットでお花やお菓子などを注文して郵送したりして、思いやりの気持ちを届けることは可能です。

なかなか友だちの誕生日を覚えられない……という人は、Facebookの誕生日リマインダーが便利。Messenger機能を使うと、メッセージや可愛いスタンプも簡単に送れます。無料通話アプリSkypeやLINEを活用して、お祝いの連絡をするという手もありますよ。

3.自分の近況を伝える

友だちとつながりを保つには、お互いに今どんな状況なのか、どんな日々を送っているのか報告し合うのが効果的。「こんなに楽しいことがあった」「今こんなに大変な思いをしている」など、頻繁に近況を教え合うことで、遠く離れていても二人はつながっていると感じられるようになります。

とはいえ、連絡する度にたくさん話す必要はありません。今あなたが何をしているのかが伝わるような、思わずクスッと笑ってしまうような写真やメッセージを送るだけでもOK。もしクリエイティブなことが好きな人は、留学ブログを立ち上げて日々の生活をつづるのも良いでしょう。

4.サプライズをする

友だちの誕生日や記念日など特別な日ではないときに、サプライズを仕掛けてみるのもおすすめ。留学先で目についたもの、友だちの好みそうなものを送っても良いですし、花好きな友だちにはその国ならではのお花をプレゼントするのも一つの方法です。また、手紙を書いたりポストカードを送ったりするのも、古典的な方法だからこそより気持ちが伝わるかも。

また、友だちを突然訪ねてみるのも立派なサプライズに!ただ、サプライズ訪問をするときは、友だちがその時期に忙しくないかどうか事前に確認しておきましょうね。

5.一緒に旅行の計画を立てる

もう一つのアイディアは、友だちと旅先で合流して旅行を楽しむこと。あなたの留学先と友だちがいる場所(母国、あるいは友だちの留学先)の中間地点で会ったり、お互いに行ったことのない国を訪れたりすると良いでしょう。また、二人の思い出の場所を再訪するのもおすすめ。もちろん、海や山など自然あふれる場所でリラックス&リフレッシュするのも楽しいでしょう。

語学留学・高校留学・大学留学・大学院留学❗

Leave your comments

Comments

  • No comments found